メニュー 閉じる

ガスのこと
正しく知って、楽しく使おう!

電気とガスの違いは?

LPガスとオール電化、どちらを選ぶべきか?
マイホームの新築時などに悩む方はたくさんいらっしゃいますが、電気とガスの違いをコスト面だけでなく、ライフスタイルを含めて比較してみました。

■ガスにしかできないこと

まずはガス・電気それぞれの、オンリーワンな特徴をみてみましょう。
LPガスならではの強みは

  • 圧倒的な大火力
  • ガスボンベさえあればどこでも使用可能
  • 災害時もすぐ使用できる

という3点が挙げられます。

特に他のエネルギーでは太刀打ちできないほどの「高エネルギー」は、洗濯乾燥機や暖房器具など、大きな熱量を必要とする機器の使用を可能にし、暮らしに便利と暖かさを運んでくれます。

■電気にしかできないこと

オール電化ならではのメリットは

  • 火を使わない
  • 料金を電力に一本化
  • 自家発電した電力も使える

の3点が挙げられるでしょう。

特に「火を使わない」という点は、あらゆる文明・技術を火の使用とともに歩んできた人類の歴史において、大きな転換点と言えるでしょう。

■コスト面

コスト面では、一般的に初期費用が安いのはガス、ランニングコストが安いのは電気だと言えます。ただし、上記でも挙げたように「ガスでしか得られないメリット」、「電気でしか得られないメリット」もあるため、コストのみを判断基準にしてどちらかを選ぶのは、要注意です。

■ライフスタイル

決め手となるのは、そこに暮らす人の生き方、ライフスタイルです。電気による省コストや利便性、化石燃料を使わないエコライフに価値を見出す人はオール電化に、大火力がもたらす暖房や乾燥などの利便性、直火を使ったクッキングなどに価値を見出す方はガスに、とご自身が求める「価値」を実現できるか、という目線で選ぶことも必要です。

■火とともに生きる

突き詰めて考えると、ガスとオール電化の違いは、暮らしに「火」を使うか否か。様々な面を考慮したうえで、火とともに暮らしたい、火に安心を感じる、という方はぜひLPガスをご検討ください

FM791 男前ラジオ出演中!
アイティーエスは熊本ヴォルターズを応援しています。