メニュー 閉じる

ガスのこと
正しく知って、楽しく使おう!

LPガスのいいところ!

■火力が高い!

都市ガスの火力は平均11,000Kcal/m3。それに対してLPガスは24,000Kcal/m3と、2倍以上の高火力。ガス乾燥機や暖房設備など、大出力を要する機器で大きなパワーを発揮してくれます。

■カラダや環境にやさしい!

LPガスの主成分である プロパン・ブタンは体に害がありません。また、ガス会社がガスボンベに 不純物がふくまれているかどうかチェックしてから販売しているので 硫化物やすすなどの有害物質も ほとんど含んでいません。燃焼後も少量の二酸化炭素と水になるだけで、有毒な物質を発生しない環境にもやさしいエネルギーです。

■災害に強い!

LPガスはボンベに収納されたガスを直接で家庭内に引き込んでいるので、災害発生時には外部からの接続の復旧を待つこと無く、すぐにガスの供給が受けられます。2016年の熊本地震でも、「LPガスのおかげで助かった!」「すぐにお風呂に入れた!」などの声がたくさん聞かれましたね。

東日本大震災の時も都市ガスよりも12日、電気よりも58日も早く完全復旧したとうデータがあります。災害の復旧がどのエネルギーよりも早いという点も、LPガスのメリットと言えるでしょう。

またプロパンガスは通常50kgボンベが2本設置してあるので、1本目が切れても2本目を利用すれば1ヶ月以上ガスを使用し続けることが出来るんです。
災害時に、大変貴重なエネルギーとなるのもプロパンガスの大きなメリットですね。

■安心、安全

ガスを供給している会社は、安心して使用できるようにさまざまな事故防止や安全性を高めたシステムを導入しています。そのため、LPガスの事故発生率は0.92件/10万世帯、死亡事故発生率は0.02件/10万世帯と、非常に低い発生頻度となっています。家庭内の不慮の事故による死亡率23.88件/10万世帯と比べても、大幅に低いことがデータで証明されています。

■どこでも使用可能!

LPガスはガスボンベが配達できて、使用するための設備・機器さえあればどんな場所でも使用することができます。それに対して都市ガスは、都市ガス用の特別なガス管が地域に導入されていることが前提条件として必要になるので、使用することができない地域も多くあります。都市ガスと比較した際における最大のメリットと言えるでしょう。

■初期費用がかからない

都市ガスの場合、ガスを供給するガス導管が配管されていない場合だと、条件によっては高額な工事費用がかかってしまうことがあり、機器の設置費用や初期費用はすべて契約者の負担となります。それに対してLPガスは、多くの場合初期導入費用がかからず、月々のガス料金に導入費用が含まれて請求されます。月々の支払いが高く感じるケースもありますが、都市ガスの導入工事が必要な場合と比べると大幅に安くなるため、ハードルが低いのがメリットです。

FM791 男前ラジオ出演中!
アイティーエスは熊本ヴォルターズを応援しています。